Entry

アナログメイキング-塗りその2

ファイル 199-1.jpgファイル 199-2.jpg

塗り続きです。

後ろの2人も下塗りが終わって、左から細部の描き込みを始めたところ。服の柄を描き足すと失敗するかなー…と不安で躊躇しています。どうしよう。
カラーインク下の画像の段階でようやく慣れてきました。差し上げイラストで実験しててすみません。

描きながら9月のグループ展のときに、LUMAが廃盤になっていることを知り衝撃だったのを思い出してました。今でも買えるところってあるんだろうか?
他の色はいいけどセピアだけはLUMAでないと描けないです。印刷で見てもメーカーが分かるほどの個性的で独特な色を出す画材って貴重でしたし、本当に残念。

アナログメイキング-塗りその1

ファイル 198-1.jpgファイル 198-2.jpg

画像が重かったらすみません。

上:
下塗り。今のところすべてカラーインクで塗る予定。
インクもアルシュ極細も余り慣れていないので慣れるまで軽めに塗ってます。色を置いてみると案外単純な絵だと言うことが分かって…ただ小細工なしで普通に塗っていくつもりです。

下:
カラーインク懐かしいと思いながら塗っていました。紙が良くて発色がきれいに出るのが嬉しいです。こんな感じの表紙の漫画とか、本屋で見てわくわくしたなあ…とか。
水彩に近いけど、インクはインクの良さがありますね。紙の特質ですが、にじみは出にくくて、微妙な感じにぼかしが入ります。前に落書きしたときと違うと思ったら、そういえばその時は裏面に描いてたんでした…。

アナログメイキング-線画

ファイル 197-1.jpg

下書きをトレスしてペンを入れました。ごめんなさい、線画下手ですね。

よく見かけるメイキングだとトレスでいきなりペン入れしてますが、私はいったん鉛筆線を引いてもう一度線を確認してからペンを入れます。そんなことやっているから遅いんですけどね…でも鉛筆でなぞった時も形がずれているから直しながらでないと怖いのです。
まだ保留の線がありますが先に水張りします。

用紙:アルシュ極細300kg、インク:ヌーベルのデザインインキ(オリーブ)
着色はカラーインクです。いつもはアルシュの細目300kgですが今回はさらに細かい極細を使用。

アナログメイキング-下書きその4

ファイル 196-1.jpgファイル 196-2.jpg

上:右側手を描き足して、真ん中スカートと足を描き込み細部修正。左は手を描こうとしてあれこれ考えていたら絵にかかって消えそうだったのでコピーした別の紙に描いてどれがいいか確認しています。

下:Photoshopに取り込んで位置修正と大きさ調整。別の紙に描いた右手もコピーして一枚にまとめました。最初一枚の下書き用紙で描いたり消したりしてましたが、早く進めることが最優先で手段は何でもいいのでこの辺は柔軟に考えた方が良さそうですね。

そしてできあがった下の画像をプリントアウト。


下書き描いてて失敗するたびに元に戻す操作を考えて「あ、これアナログだった」というのを何度もやりました。不可逆なんですよね、アナログ。最近下書き作業も画面でそのままやっているので(アナログの方が好きですが、直接画面で描いた方が早いんです)習慣になってて怖いです。

アナログメイキング-下書きその3

ファイル 195-1.jpg

下書き続きです。今日中に下書き完成でペン入れまでは終わらせたいけど間に合うかな?

真ん中:デッサン修正。肘の位置を下に変更、腕を短くしました。へその位置もまた下過ぎたから修正して胴体を少し短くしてます。脚大きい気がする…。顔は上手く描けたのでちょっと頭の形を修正して完了です。

左:頭を修正しました。髪の毛なんだかおかしいな…あと左手を足す予定です。

アナログメイキング-下書きその2

ファイル 194-1.jpg

続きです。下書き1日で終わるかと思いましたが、ちょっと時間かかってます。
女の子が男2人に挟まれている構図ってどうなんだろう…。

右:本を描き直して髪の毛を整えました。

真ん中:制服が一番いいかなーって。夏服と冬服とあるけど、夏服の方がかわいいと思うので夏仕様です。

左:大きさはこれくらいで位置は後から変更できるから全体見ながらまた考えます。形はまだもうちょっと整えるつもり。

Page

Utility

Calendar

< 2018.12 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile