Entry

続き

ファイル 232-1.jpg

厚塗りリアル絵習作続き。
やっぱり自己流でがむしゃらにやるより、色んな人の塗りを参考にしながら目指す方向を模索した方が進展しますね。線画を清書して頭に軽く色を置いただけですが、こんな感じ…。

顔7段階、髪4段階影置いてます。塗りレイヤーは基本的にベースがこれで仕上げでもう1枚通常レイヤー追加して細部塗りの計2枚。装飾は別でレイヤー作って上からかぶせます(多分浮くので途中で統合)。
厚塗りの場合、影だけに色を塗るのではなく一旦影を入れて暗く落とした後、明るい色を上から乗せて光の当たる部分を作るのが普通です。アナログの不透明と同じ手法ですが、そうするとそこまで重ねてなくても厚塗りらしく見えます。人によっては真っ暗にしてから明るい色で描き込んでいったりもするようです。

Painterはごまかしがきかないので実力勝負、という話をどこかで見ました。確かにごまかしはないけど他のソフトはそんなにごまかしだらけなのか…?という点に疑問を覚えつつ。

____


マックス・エルンストの展示会を見てきました。
ああ、これが描きたかったんだ…とまさにそんな作品。卒業制作で半抽象を描いたんですが、そのときにやろうとしてできなかった塗りを想像を遥かに超えるレベルで再現されていて感動しました。ずっと見たかった絵も見ることが出来て大満足です。
アナログ塗りを中心に影響出そうです。今は漫画絵とそうじゃないものとはっきり区別してますが、本来目指そうとしていた塗りを漫画絵の方にも取り込んでいこうかなと思い始めました。

無題

ファイル 230-1.jpg

どれという訳でもないですが、公募に出すときに添付するサンプルイラスト(描き途中)を貼ってみました。
去年サンプル用に描いていた別の立ち絵に比べると大分進歩したけど、まだまだ全然届かない感じです。目標はイメージ出来るけど具体的に形にするのに手間取って時間かかります。うーん…。時々いいなと思う公募を見かけるので、そのときのために何枚か用意しておきたいです。

憧れている厚塗りイラストレーターさんのブログで、年間100枚描いているというような記事があったのですが、それって1枚3日で仕上げているってことですよね?? 厚塗りだと不可能に近い数字だと思った…。別のイラストレーターさんはある厚塗りイラストを描くのに18時間かかった、とコメントしていてそれも衝撃。どうやったらそんなに早く描けるんだろう…?

神撃のバハムートのイラスト集が欲しいです。調べてみたら出てないんですね…。

10周年!

アナログ画板さんが今日で10周年だそうで、おめでとうございます!!

最初はアナログ絵師さんてまだまだいっぱいいるんだなー、という感じで参加させて頂いたのですが、まさかこんなにも自分の中で大切な存在になるとは思ってもいませんでした。
企画に参加したり参加出来なかったり(笑)、色んな方と会ってお話しして刺激を受けたり、展示会など自分一人では出来ないことに挑戦させて頂いたり。絵について考えさせられることも多かったですし、改めて自分は絵が好きなんだな、と実感することも多かったと思います。
そしてそこで会った方々とたくさんお話しして色んな世界が広がったことが何よりも宝物だと思います。これからもずっと大切にしたいですね。

毎回ですが、デジタル絵も描いたりするので参加してていいのだろうか?と思ってしまいます。飛尽さんは寛容な方なので余り気にしていらっしゃらないようですが…。
アナログもやめません。全く別の表現ができて自分の表現方法を広げてくれますし、どちらも手段の一つとしてこれからも続けていきたいと思っています。


10周年記念イラスト、参加したいです。
来年、ゆっくり出来る時間があるときに…が一番確率高いですが、それでもいいでしょうか……orz
描きたいイラストが山積みで(構想1年以上のものに限っても)既に計画倒れ寸前の状態なので、もしも参加出来そうなら程度に表明は控えておきますね。すみません。
そしてメンバーの皆様の素敵イラストはタグをたどって見に行こうと思います♪ 楽しみです!


アナログ絵次回作は多分早くて10月頃に…。描けるといいなあ。

プロフ絵その2

ファイル 223-1.jpg

使いにくかったので修正しました。
顔パーツ以外全部直したので1から描いた方が早かったかもしれません。

元絵はこれです。
http://www.autumn-forest.com/cgifile/diaryyya/index.cgi?no=212


イラスト「あと少しで完成」…と思いながら「あと少し」を描くのに1週間かかっていて、何というかいつも通りです(笑) 漫画を描き始めるタイミングがどんどん遅れる…。イラストといっても締め切り破り絵第2弾なモンスター画なので、余り凄いモノは出てきませんが。ちゃんと厚塗りらしい厚塗りになっていて一人満足してます。

____

Painter12、同じソフトをMac LionとWindows7の両方に入れて両方で使ってますが、描きごこちの良さがまるで違うってどういうことなんだろう? そろそろWindowsで使えなくなりつつあります。WinXPで使ったときは余りの描きやすさに感動して発売日に買いにいったのになあ。

イラスト

高麗様からイラストが届きました! 無理に描かせてしまったのではないかとはらはらしていましたが、頂けるとなると嬉しくて^^  現金なものだな〜と思います。
素敵なイラストありがとうございました!
アナログイラストを生で見ているとまたアナログ描きたくなりますね。やめた訳じゃないので、アナログの方が良いと思うものはアナログで描いていくつもりですが。透明水彩の透明感とか重ねとか滲みとか、見ていてやっぱり好きだな〜と。
そしてメールのお返事も…ありがとうございます。

____

漫画のネームは全部で30ページになりました。
もう一度寝かせてストーリー矛盾のチェックをしてから下書きに入ります。3年ほど前にも別の話で描いていたんですが詰めが甘いので全然完成しなくて。ちゃんと描くとなると何年ぶりだろう…(10年以上ぶり?)。

ギャラリー

ギャラリーにイラスト2点アップしました。
1点は先日から途中経過をここに載せていた『冒険の合間に』というイラスト、もう1点は去年TINAMIさんから出されていた東日本大震災チャリティー本への寄稿イラスト(タイトルは『太陽の調べ』)となります。


イラストについて簡単にコメント。

『冒険の合間に』
ラフが去年の11月、下書きが今年1月、ということで描いている間に絵が変わってしまいとても描きにくかった1枚。キャラが気に入るように描けなくてうーん…というところでしょうか。乗算レイヤー使わずに不透明で…という実験でもありましたが、これは自分らしくない気がしたので次からはいつもの塗りに戻します。
描けないものだらけだったということで自己評価では及第点。ちょっと悔しいですね、精進します。

一度は描いてみたかった女性剣士でした。2刀流なのはちょっとしたこだわりです。
クエストで個人登録してきて出発する直前、といったシチュエーションです。力では男に負けるだろうから、地図で場所やルートの確認をして、本でモンスターの特徴を調べて、起こりうる事態を想定して戦略を練って。剣だけではなくて知識と判断力で勝負!みたいな感じで戦闘していくのだと思います。
アイテムもっと描き込みたかったですけど力尽きました…。


『太陽の調べ』
ワットマン水彩紙を初めて使ったイラスト。3日で描いたのでちょっとラフなんですが、明るいというか神々しいというかこういうタイプの人は普段描かないので妙な感じもしますね。描いた当時自分のイラストを見て癒されてました(笑)

Page

Utility

Calendar

< 2019.10 >
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

Profile