Entry

メイキング4

ファイル 253-2.jpg

遅くとも今日投函したかったのにプリンターの調子が悪くなったりインク切れだったりで印刷できず、泣きそうになってました。
明日には出します。本当にすみません。


1/2追記
ご挨拶忘れてました。
あけましておめでとうございます。昨年もありがとうございました。
今年も皆様にとって良い年となりますように。どうぞよろしくお願い致します。

9ヶ月ぶり

先日丹羽梢さんとまそらかなたさんとお会いしてご飯ご一緒してきました。3月のアナログ展以来ですので約9ヶ月ぶりです。お二人ともその節はありがとうございました!

丁度地元付近でカフェ展の最中だったそうで、その日初めて知ったのですが(チェックが全然行き届いてなくて申し訳ないです)、新幹線でカフェ展にいらっしゃったついでにと声をかけて頂きご飯とお茶してきました。
展示会のときでもなかなか時間が取れなかったりで、こんなに一杯話したのは初めてです。お二人とも楽しい方で時間が経つのが早かったです。絵の話とか画材の話とか画板さんの話とか色々お訊きしてきました♪ ありがとうございました~。
絵を持っていこうかと思ってそこまでできなかったのが残念でした。スケブも頼むチャンスでしたよ…思いっきり忘れてました。

またお会いしたときには是非お話ししてやってください。次の展示会の参加がとっても怪しい状況ではありますががが。。(でもまた東京いきます…)

_____

イラコン用イラストは間に合うかが雲行き怪しい状況です。全く描いたことのないものを描けると思い込んでたパターンと張り切りすぎて大きなイラストに挑戦して間に合わないパターンでしょうか(何か色々死亡フラグ)。もう少し小さい絵にすれば良かったのか!と気づいたのは今日でした。うん、頑張れ。

ずっと前から発売しないかと待っていた「神撃のバハムート」の画集がついに発売したようで、早速注文してきました。ゲーム系で絵を描いている方なら大抵知っているほどの有名ゲームですが、個人的には絵描きさんなら即買いモノなんじゃないかなー…と思います。まだ届いていませんが楽しみです。

集合絵

ファイル 244-1.jpg

2年前に描いたラフを仕上げてイラコンに出そうと10日から描き始めていましたが、12月のオリジナルイラコンを落とさないように早めに終わらせるには時間が足りなすぎる…というのでこの辺りで諦めようと思いました。
どう考えてもオリジナルの方が大事なのに両方間に合わなかったら悲しいですし。

今日一日ラフ(下書き)を仕上げて年明け続きを描こうと思います。漫画もまだ途中なので(オリジナルイラコン優先でした)頑張らないと。
描きかけのラフは此方に上げてみます(画像クリックで拡大)。自分でも完成楽しみです。

____

2カ所ほどでイラストのアドバイスをお願いしてみました。一つは回答に時間がかかるようで、のんびり待つつもりでいます。訊くまでは勇気がいりますが、得るものは大きいですね。
自分一人でぐるぐる考えてもなかなか気づかず、他の方から頂いた感想などでハッとすることも多いです。某所で頂いたコメントもとても勉強になって感謝しています。

神戸

ファイル 238-1.jpgファイル 238-2.jpgファイル 238-3.jpg

行ってきました。ぽつぽつ写真を撮ったのでアップ。
最近何もないところを歩いているだけでも楽しいんですが、ご一緒した友人には結果的にそれにつきあわせてしまったようでちょっと申し訳なかったです。
でも楽しかった~。久しぶりに行ったら全然変わっててびっくりしました。

プロの仕事について

たまたま見て勉強になったのでメモ代わりに。
仕事をする上での意識、仕事の種類、発注者さん側の話。
実際にやり取りしていて悩むことも多いので参考になりました。大体絵描きさんの感じるところは同じですね。

http://www.pixiv.net/group/comment.php?id=122693

バーン=ジョーンズ展!

エドワード・バーン=ジョーンズ展(兵庫県立美術館)
9/1~10/14開催中。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1209/index.html

リーフレット見たとたん神戸行き決定。速攻で関西の友人に連絡してました。
好きな画家で三本指に入る…と思ってましたが、3人挙げようと思ったらもう一人伊藤若冲しか出てこなかったので大好きな画家2人のうちの一人ですね。
ギリシア神話、シェイクスピア、旧訳聖書などを題材としたファンタジー絵画です。ラファエロ前派、といえば分かる方は分かるかもしれませんが、ウィリアム・モリス、D.ロセッティと親交があり、近いところでJ.E.ミレイがいますね。

本場イギリスではテイト美術館の他にバーミンガム市立美術館、ナショナルギャラリー、そしてアメリカハーバード大付属フォッグ美術館、フランスオルセー美術館と散らばっているだけにバーン=ジョーンズだけの作品を纏めてみられるという夢のような展示会で。
テイト美術館は流石にチェック済みですが、目の前にあったのにバーミンガム市立美術館を素通りしてしまったり、日本でのオルセー美術館展開催時何故かフランスにいてすれ違っていたりで(知ったときのショックはもう…)見てない作品も多いので、本当に楽しみです。
あ、でも今回テイト美術館所蔵の大作2点は来てないんですね。アメリカのフォッグ美術館も来日展覧会は行きましたが本場にも行ってみたい…。

そんな感じで約10年ぶりの神戸、今からとても楽しみです!
お願いだから雨降らないで~。

Page

Utility

Calendar

< 2018.11 >
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
- - - - - - -

Profile